革財布

上質本革仕様!本物志向の本革長財布

革の品質と丁寧な職人技術によって創作された長財布。

  1. 人気長財布「日本で人気の本革長財布」紹介

人気の長財布!!財布素材(本革)の品質を重視した長財布!

本革財布

昔は、財布に使用される素材として、「人工革」で作られた財布アイテムが多く存在していました。 もちろん、現在でも、人工革仕様の財布は存在していますが、販売実績は低いものとなっています。 近年の”人気長財布”傾向を分析すると、最も人気を左右する要素となっているのが「財布素材の品質」 です。基本的には、”上質な本革素材”が使用されている本革長財布が男性・女性ともに人気アイテム となっています。「革素材」以外で人気を得ているのは「ファッションブランド」としてステータスを 確立しているものが対象となっていて、ブランド財布ではない”革素材以外の素材仕様財布”は 人気対象外となっています。

”本革仕様”の財布は、革素材の品質・価値観に沿った価格となっています。概ね、品質とのバランス ということから 「2.5万円~4万円」の価格帯の本革財布が高い人気を得ています。ただ、「5万円以上」 の価格帯の革財布及び「1万円~1.5万円」の価格帯のアイテムにも人気の山が存在。これも人気傾向の ひとつの特徴といえそうです。

【人気傾向】

*「上質な本革素材」で創作された長財布が高い人気を有する。
*「2.5万円~4万円」価格帯の財布が最も人気を得ている。
*「5万円以上」「1万円~1.5万円」の価格帯にも人気のピークが存在。

財布の耐久性!!「日本の職人縫製」or「中国などアジア諸国での縫製」!

”本革財布”を選ぶ上で、ひとつの条件要素となるのが「財布の耐久性」を求めるか どうかということです。末永く財布(長財布)を活用していきたいと考えているのであれば、 「財布の耐久性」は最重要な要素となりますし、そうでなければ(3年~5年程度で買い替えを 楽しむ)、財布の耐久性は必要最低限のものがあれば良いということになります。

特に”本革財布の耐久性”を決める最も大きな要素となるのが、「縫製技術」です。丁寧で丹精込めて 縫製されていることも含めて、高い縫製技術によって創作された長財布は耐久性が高く、 工場生産といった形で創作されたアイテムは、耐久性に乏しいものとなりやすい・・そんな傾向が あります。それゆえに、末永く財布を愛用していきたいと考えている人たちには、「日本の革職人 によって手がけられている本革財布」が高い人気を得ています。

【人気傾向】

*末永く活用したい人には、「日本の革職人創作」本革財布が高い人気を有する。
*特に耐久性を重視していない人には、「革素材の品質」のみ重視の傾向が。

本革素材ギフト・木製ギフトcontents(関連記事)!

近年、人気の本革メンズ長財布紹介!素材感とオリジナリティーのある本革仕様。

近年、日本において、財布の人気も多様化しています。財布デザインに関しても、 通常の「長財布(開きデザイン)」に加えて、「ラウンドファスナーデザイン」を愛用する男性も多くなりました。 また、財布をスマートに利用したいということから、「札入れタイプ(小銭入れポケット無し)」の人気も高まって います。ライフスタイルが多様化する中、財布に求められる機能・デザインも多様化しています。

そんな中、デザインに関わらず人気の共通要素となっているのが、「素材感のある革仕様」 「オリジナリティーのある革仕様」の財布です。革の個性が感じられる本革財布が高い支持を得ています。 ここでは、そんな素材感溢れる上質本革を使用、革職人が丁寧に作り上げた本物志向のメンズ本革長財布 をご紹介したと思います。

NEBADA(プルアップレザー)仕様の長財布「ロンバルディア」

長財布

イタリアのサンタ・クローチェ・スッラルノで創出されている最高級プルアップレザーが 「NEBADA」です。

そんなNEBADAをベースに、幾重にも重なり合っているような深みと透明感を感じる オリジナリティー溢れる染色技法によって、誕生したのがNEBADA(プルアップレザー)仕様の財布シリーズ 「プルキャラック」です。

こちらは、プルキャラックの長財布「ロンバルディア」。表革・内革共に、同じNEBADAで仕上げた 無双仕様が高級感を感じさせてくれるポイントに。

プルキャラック・財布シリーズの商品一覧はこちら。(公式SHOP)

*素材:NEBADA(プルアップレザー)
*色彩:シーアンビション、ブラウンシップ、ナイトネイビー
*縫製:日本
*価格:¥38,000円(税込み)

商品の詳細・購入

貴重な英国伝統美!オークバーク仕様の長財布「ウェスターリー」

長財布

英国にて最も希少価値の高い革素材と言われているのが、「オークバーク」です。 オークバークのルーツは紀元前に及ぶものと言われており、長き歴史を積み重ねてきているその伝統美に魅力を 感じる方も少なくありません。

ただ、近年オークバークは、丸1年(365日+1日)もの歳月を費やして作り上げられる革素材。 現代の”効率化”の流れには、即していないことから、オークバーク仕様の革製品は、ほとんど作られなくなって いました。

そんな中、日本の革ブランドが、そんなオークバークの魅力を再認識。世の中に、その素晴らしさを伝えていきたい という思いを載せて、誕生したのがオークバーク・財布シリーズです。オークバークは、その名にあるように、 ”オーク(樹木)”を使用して、なめし加工を行い創出される革素材。革表面に刻み込まれた”木目柄”が最大の 特徴となっています。

オークバーク・財布シリーズの商品一覧はこちら。(公式SHOP)

*素材:オークバーク
*色彩:イングリッシュオーク、オイルブラウン、ブラックリーフ
*縫製:日本
*価格:¥70,000円(税込み)

商品の詳細・購入

英国を代表する革素材ブライドルレザー仕様のスリム長財布「アルフレートウォレット」。

長財布

英国を代表する革素材と言えるのがブライドルレザーです。英国紳士をイメージさせてくれるような、 男性的な力強さと落ち着いた革風情が魅力となっています。

こちらは、上質ブライドルレザーを日本に輸入、日本の匠革職人によって創作されているブライドルレザー仕様の スリムデザイン長財布「アルフレートウォレット」。スーツスタイルに最適なスリムフォルムは、持ち運びやすさ と使いやすさを創出してくれます。

近年、日本においてブライドルレザー仕様の財布は、とても高い支持を得ています。(メンズ財布として、高い 人気に。)上質な本革長財布として、お手頃価格となっているのも、魅力的な要素となっているかも しれませんね。

ブライドルレザー・財布シリーズの商品一覧はこちら。(公式SHOP)

*素材:ブライドルレザー
*色彩:ブラック、モスグリーン、ロイヤルブラウン、ダークネイビー、ロンドンキャメル、スイスレッド、ヘーゼル
*縫製:日本
*価格:¥28,000円(税込み)

商品の詳細・購入